クワガタ飼育

ラストです。

一連のブログのURLです、こちらもどうぞ。


http://dorcusa.livedoor.blog/archives/20029982.html


http://dorcusa.livedoor.blog/archives/20030922.html?ref=head_btn_next&id=8094191

さて....
1週間ほどエサを摂らせて、いよいよ産卵セットを組みます。

DSC_0052

最初は以下の画像のように埋め込んで組もうと思っておりました。


sketch-1568622455147


ですがオオクワガタ系は地上性だと思い出して案を替えました。


sketch-1568899114626

1個につき5本も使用する大盤振る舞いです。材代で¥6000くらいしましたが将来への投資です、痛くない痛くない。

これほどまでの大きなセットですから、ケースもそれ相応の物を準備しました。


DSC_0054




百均で買った米びつと、オオクワガタを飼い始めたときに買ったクワリウム用の水槽を使用します。
(今やクワリウムをする余裕は無くなってしまいました)


まずケースに紙を敷いて、



DSC_0055



上からひのきマットを敷きました。軽く霧吹きで湿らします。



DSC_0056



材は西日本こんちゅう社様のカワラタケを使用します。

[西日本こんちゅう社]

https://www.insect.jp/index.html


DSC_0053


全て皮を剥ごうかと考えたのですが、せっかく5本も使うので分けます。

Mサイズは剥いで、


DSC_0057



Sサイズは皮膜のみ取り除きます。




DSC_0058


あとは簡単。♀が入り込めるくらいのスペースを作りながら材をセットして完成です。

DSC_0059


ここから先は神のみぞ知ること。
産んでくだされ。


DSC_0061

Dorcus

続きです。


気が早いと思いましたが、その日のうちからペアリングを始めました。
元々のペアの♀(以下、正室)と追加購入した♀(以下、側室)と掛け合わせていきました。

側室とはすんなり上手くいったのですか...

DSC_0042

正室とはなかなか上手くいきませんでした。♂はやる気マンマンなのですが、♀が拒むのです。♂のぺにs、いや交尾器を足で嫌だ嫌だと言わんばかりに拒みました。
いやー参りましたね、まさか大きい方の正室と上手くいかないとは....










































と落胆しておりましたが、2日後くらいにすんなり交尾しました。2♀共に3-4回ほど交尾させて充分に精子の受け渡しができたと判断しました。

次は産卵セット編です。

続く。

前回のブログでグランディスオオクワガタを増種予定だと書きました

http://dorcusa.livedoor.blog/archives/19875049.html

その個体が9/15日に到着しました。

sketch-1568269648503


DSC_0037


DSC_0039


北海道にある、グランディスオオクワガタのGrand-G様よりGarda血統の個体、♂1頭と♀2頭を購入させて頂きました。遠い場所からの発送で少しだけ不安もありましたが航空便で送って下さり、3頭とも無事に到着しました。

[グランディスオオクワガタのGrand-G]
http://www.gagome.shop-site.jp/index.html

素晴らしい血統なので頑張りたいと思います。



続く

このページのトップヘ